日にちと労力を要求される嫌なタスクであったと考えられます

なのに、父はしんどいだとか、大変だとか一度も言ったことがないような気がします。
やはりお父さんというのは偉大なのですね。今から10年ほど前に、この町で働き始めたのをきっかけにこのアパートへの引っ越しを決めました。

ここにいるのはせいぜい3年で後は実家に帰りたかったので実家に住民票を置いたままにしていました。ところが、職場は楽しいし、この町も居心地の良いところで、ずるずると居続けてしまい、この土地で結婚しても良いかと思うようになり、今住んでいるところの方が税金が安いのも事実で、これから住所変更しても悪くないかと思っています。
転勤が多いので、他の人より引っ越しの経験は多いのですが、一つだけ大きな声で言っておきたいことがあります。「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。ちょっと大手の引っ越し業者に運んでもらった荷物のうち、いくつかの陶器類が小さく欠けておりました。はずかしながら、自作の陶器でしたから、とてもショックを受けてしまいました。

ただ、お気に入りのものではありましたが、高価なものではなかったので、クレームをつけることはしなかったです。

これから先の引っ越しでは、繊細な工芸品などは必ず、自分で運ぶようにしているのです。

引越しを行う時のコツは、新居の間取りを頭に入れておいて、荷造りしていくというものです。ダンボールなどに荷物を入れていく時に、これをどの部屋に収納していくのかを考えて、ダンボールにメモしておくと新しい家に着いてから無駄な労力を減らせます。

そして、手続きに必要なものは計画的にやっていくと良いです。引越費は荷物の多さのみでなく、運搬する時期や建物の入りやすさなど、オプションサービスの有無など、色々な条件によってきまっているので、同じくらいの荷物の場合であっても、料金費用が大きく違ってしまうことが有ります。

沢山の引っ越し業者から見積りをとってみると割引率のいい会社とそうでもない会社が出てくることが有ります。

費用差をみると差があることに驚きを隠せないですね。

現在住の家へ引越しをした時は、まさに春の繁盛期でした。とにかく引っ越し会社が慌ただしく、なかなかこちらと予定があわず大変苦労しました。
最終的に、午前中でまるごと全部を終わらせるという忙しい計画になってしまいましたが、そう言ってもどうにか引っ越し作業は終わりました。いざ引越しをするとなると、荷物のたくさん入ったダンボールを邪魔にならないように移動させたり、業者さんと一緒になって家財道具を移動させたりと大忙しです。
一定時間行っていると、手のひらは家具の重みなどで真っ赤になります。業者の方の手を見ると、きちんと軍手をされています。

業者に依頼したとしても、自分専用の軍手を必ず必須です。

今から数年前に、自宅を新築して賃貸から転居しましたが、デスクトップパソコンの移動には全力を尽くしました。

実は、引っ越しの時、3歳だった娘と1歳だった息子の撮った写真のデータは、全てパソコンのドライブで保存していました。運ぶときの衝撃でデータが壊れないように幾重にもクッション材を巻いて箱に入れました。

パソコンが入っていることを知ると、実に慎重に業者さんが運んでくれたためデータもハードウェアもそのままで運搬され、外側も傷など全くありませんでした。引っ越しでは見積もりはなるべく早くに頼みましょう。

ギリギリになってしまうと、よく考えずに、勢いで決めてしまうことも。

また、早くに、引っ越しの業者にお願いする方が引っ越しが安上がりです。

お願いできる業者が限られることもあるので、留意が必要です。引っ越しをすることそのものは嫌いでもなくむしろ好きなほうなんですが、たとえば国民健康保険等の住所変更などで、市役所まで行っていろんな手続きを行わなくてはいけないことが、面倒くささを感じてしまいます。
こういう引っ越しに伴う手続きのあれこれも、インターネット上からアクセスしてささっと自宅などで済ませることができたらすごくいろんな意味で助かるのに、と思います。荷物をまとめるのは引っ越しのメインとなる作業ですが、そこで割れ物の取り扱いには誰でも気をつかいます。

どこまでも油断は禁物です。
まずは上手な包み方を心がけてください。新聞紙は包むものより一回り以上大きくして、真ん中に底がくるようにして、一個ずつ包みます。新聞紙を丸め、くしゃくしゃにしてから伸ばして使うと緩衝効果があります。

持ち手がついているものは特に注意が必要で、飛び出たところを先に包むのがコツです。
我が家では今、ドラム式洗濯機を使用しています。

以前、転勤で少し距離のある引っ越しを経験しています。

その時の事です。
新居に荷物が運搬された時、濡れているダンボールをみつけて引っ越し業者に連絡を入れてみました。その原因は、洗濯機のホースに残っていた水で、運搬時の揺れなどで出てきてしまい、それに気付かないまま運んできたようです。

箱が濡れていただけで、別段何か損害が出たわけではありませんが、洗濯機のホースの水抜きは、ちゃんとしておかないと次回からは気を付けたいです。
挨拶は引っ越しにとって欠かせません。今でもやはり、転居元や転居先の隣人へ忘れずに挨拶するのが今後の生活にプラスに働くと思います。
冷蔵庫だけ移動しよう